OPMA
PRAISE-NETログイン
PRAISE-NETとは
行政通知情報検索とは
PRAISE-MAILとは
委員会情報とは
講演会等受付システム
講演会等受付システムとは
協会の活動
会員会社一覧

会員会社一覧

関係会議室
おくすり相談Q&A
第十五条改正日本薬局方医薬品各原案作成要領の実務ガイド
関係名簿
リンク集
大阪治験ウェッブ
PMDAメディナビ
 

HOME>お知らせ


お知らせ
知財セミナー「医薬品関係の事件に関する 最近の裁判例」の開催について

s
 

関薬協発第565号
平成30年1月23日

会 員 殿

大阪市中央区伏見町2-4-6
関西医薬品協会

知財セミナー「医薬品関係の事件に関する 最近の裁判例」の開催について

当協会では、知的財産研究会の特許部会における活動として、医薬関連の知財訴訟に係る判例研究を行っております。
今般、その一環として、知的財産高等裁判所長・清水 節氏をお招きして、標記セミナーを開催することになりました。
清水所長は、昭和54年3月に司法研修所終了後、東京高等裁判所(知的財産部)を経て、平成22年4月に知的財産高等裁判所に着任後、昨年1月から同所長に就任されていらっしゃいます。
今回は、清水所長が判事として審理に携わった経験を踏まえて、医薬品について、特許期間延長、均等論、顕著な作用効果を踏まえてどのように進歩性主張の三つのテーマを中心にお話しを頂けることになっていますので、ぜひこの機会に多くの方々にご参加頂きたくよろしくお願い申し上げます。
つきましては、本セミナーを下記のとおり開催いたしますので、参加ご希望の方は、3月7日(水)までに、当協会ホームページ上http://www.kpia.jp/の「講演会等受付システム」にて、お申し込み頂きますようご案内申し上げます。
なお、会場の都合がありますので、定員(80人)に達し次第締め切らせて頂きますので、お早めにお申込み下さい。

日  時 平成30年3月12日(月)14時〜16時30分
場  所 大阪薬業クラブ2階ホール 大阪市中央区伏見町2-4-6
T E L  06-6202-5633
受 講 料  知的財産研究会所属会社 1人3,000円
         その他の会員会社     1人5,000円    
         東薬工会員会社     1人6,000円
(注)当日、受付にてお支払い下さい。

留意事項
事務手続きの関係上、キャンセルは申込期限までにお願いします。
キャンセルされずに当日ご欠席されますと、受講料を請求させて頂く場合がございます。

プログラム
14時00分〜14時05分  開会挨拶
14時05分〜14時10分  講師紹介

14時10分〜16時10分  講  演  「医薬品関係の事件に関する最近の裁判例」について
知的財産高等裁判所 所長・清水 節 氏
               
                (途中休憩)

16時10分〜16時30分  質疑応答

○関薬協会員会社向け案内文書(PDF)
 http://www.kpia.jp/osirase/documents/20180123.pdf

copyright(c) 2004 Osaka Pharmaceutical Manufacturers Association. All rights reserved.