OPMA
PRAISE-NETログイン
PRAISE-NETとは
行政通知情報検索とは
PRAISE-MAILとは
委員会情報とは
講演会等受付システム
講演会等受付システムとは
協会の活動
会員会社一覧

会員会社一覧

関係会議室
おくすり相談Q&A
第十五条改正日本薬局方医薬品各原案作成要領の実務ガイド
関係名簿
リンク集
大阪治験ウェッブ
PMDAメディナビ
 

HOME>お知らせ


お知らせ
フィリピンの製薬産業とビジネス環境に関する講演会の開催について

s
 

 

関薬協発第650号
平成30年3月5日

会  員 殿

大阪市中央区伏見町2-4-6
関西医薬品協会

フィリピンの製薬産業とビジネス環境に関する講演会の開催について

当協会ではアジア諸国を中心とした医薬品に係る国際ビジネス交流活動を効果的・効率的に実施することを目的として、これまで、アセアン諸国についてベトナム、インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシアに関する講演会を実施してきており、今般、フィリピンに関する講演会を開催する運びとなりました。
フィリピンの2017年の実質GDP成長率は6.7%で、急速な経済発展を遂げつつあります。
若くて豊富な労働人口を有しており、人件費で周辺国より優位な状況が続くと予想されています。
当日は、日本貿易振興機構(JETRO)の担当者から「フィリピンのビジネス環境」、参天製薬株式会社の山本氏から「フィリピンの製薬産業の現状」、大塚製薬株式会社の井上氏から「APACの活動及びフィリピンのヘルスケアビジネス」、フィリピン製薬協のTeodoro B. Padilla氏から「フィリピンにおける持続可能な開発目標(SDGs)の展望;日系製薬企業の役割」についてそれぞれご講演いただきます。
つきましては、本講演会へ参加希望の方は、4月9日(月)までに関西医薬品協会ホームページ上( http://www.kpia.jp )の「講演会等受付システム」よりお申し込み頂きますようお願い申し上げます。

日 時:平成30年4月11日(水)13時30分〜17時30分
会 場:大阪商工会議所 地下1号会議室
     540-0029 大阪市中央区本町橋2-8
電話  06-6944-6268

受講料  1人2,000円(消費税込)
当日、受付にてお支払い下さい。

プログラム:

13時30分〜14時30分 フィリピンのビジネス環境
              講師 石川 雅啓 氏(日本貿易振興機構(ジェトロ)お客様サポート部貿易投資相談課)

14時30分〜15時45分 フィリピンの製薬産業の現状
              講師 山本 寛 氏(参天アジア 社長)

15時45分〜15時55分 休憩

15時55分〜16時10分 APACの活動及びフィリピンのヘルスケアビジネス
               講師 井上裕史 氏(大塚製薬株式会社 業務管理部国際部長)

16時10分〜17時10分 “Perspectives on SDGs (Sustainable Development Goals) in the Philippines: What Role Can Japanese Pharmaceutical Companies Play”(逐次通訳)
             Teodoro B. Padilla
               (Executive Director Pharmaceutical & Healthcare Association of the Philippines.)

17時10分〜17時30分 パネルディスカッション(質疑応答を含む)

○関薬協会員会社向け案内文書(PDF)
http://www.kpia.jp/osirase/documents/20180306.pdf


copyright(c) 2004 Osaka Pharmaceutical Manufacturers Association. All rights reserved.