OPMA
PRAISE-NETログイン
PRAISE-NETとは
行政通知情報検索とは
PRAISE-MAILとは
委員会情報とは
講演会等受付システム
講演会等受付システムとは
協会の活動
会員会社一覧

会員会社一覧

関係会議室
おくすり相談Q&A
第十五条改正日本薬局方医薬品各原案作成要領の実務ガイド
関係名簿
リンク集
大阪治験ウェッブ
PMDAメディナビ
PMDAメディナビ
医薬情報担当者(MR)のクールビズ等軽装での訪問について
 

HOME>お知らせ


お知らせ
「DI業務への人工知能活用について」研修会の開催

s
 

関薬協発第189号
平成30年7月5日

会   員  殿

大阪市中央区伏見町2-4-6
関西医薬品協会


「DI業務への人工知能活用について」研修会の開催

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、当協会の業務運営に格別のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。
さて、当協会のくすり相談研究会では、会員会社のニーズに沿った活動を行うため、様々な勉強会、研修会などを実施しており、相談窓口担当者の自己研鑽に役立てていただいております。
 近年、日進月歩で進歩する人工知能について、新聞やテレビなど各メディアが取り上げない日がないほど盛んに報じられておりますが、この新技術を如何にコールセンター業務に取り入れるか、医療従事者への医薬品情報提供(DI業務)にどのように活用できるのか、医療従事者の利便性は向上するのかなど、研究会内では、活発な議論が行われており、昨年秋には、研究会内部で勉強会を開催させていただきました。
 その後、本年2月から、沢井製薬株式会社では、ソフト開発企業である日立システムズの協力を得て、医療関係者向けウェブサイトにチャットボットを導入、運用されたことはマスメディアに取り上げられ、ご承知のことと存じます。
今般、両社の全面的な協力を得て、別添のとおり研修会を開催させていただく運びとなりました。
 プログラムの最後には、各ソフト開発会社の協力により、各社のチャットボットについて、5つのデモ会場に分かれて実演していただくほか、各会場にノートPCを用意して、実際に手に触れてご体験いただける機会を設けさせていただきます。
 つきましては、出席をご希望の向きは、関薬協ホームページ「講演会等受付システム」からお申込みいただきますよう案内申し上げます。
先着順にて定員90名に限定させていただきますので、ご了承をお願いいたします。

敬白

日  時  平成30年8月30日(木)13時30分〜17時
場  所  大阪薬業クラブ 2階ホール
地  図  http://www.kpia.jp/map/index.htm
会  費  1,000円(消費税込)

催事名 「DI業務への人工知能活用について」研修会

対象  関西医薬品協会 会員会社308社(7月1日現在)

プログラム
13時30分〜13時35分 開演挨拶(関西医薬品協会・國枝理事長)
13時35分〜13時40分 開催経緯説明(くすり相談研究会・盛田委員長)

13時40分〜14時20分 講演@(40分)(質疑応答含む)
演題 「AI活用サービスへの取り組み」 演者 株式会社日立システムズ https://www.hitachi-systems.com/
産業・流通インフラサービス事業部 事業部長 前田 貴嗣 氏

14時20分〜15時10分 講演A(50分間)
演題 「医療関係者向けウェブサイトへのチャットボットの導入」
演者 沢井製薬株式会社 https://www.sawai.co.jp/
営業統括部 柿木 充史 氏

15時10分〜15時30分 デモ会場へのご案内(くすり相談研究会・盛田委員長)
      
休憩

15時30分〜17時00分 デモンストレーション & 個別相談
注 30分を1コマとしてデモを行い、入替制で3回実施して頂きます。
1回目デモ15:30〜16:00
2回目デモ16:00〜16:30
3回目デモ16:30〜17:00
17時    閉会

○関薬協会員会社向け案内文書(PDF)
http://www.kpia.jp/osirase/documents/20180705.pdf


copyright(c) 2004 Osaka Pharmaceutical Manufacturers Association. All rights reserved.