KPIA
PRAISE-NETログイン
PRAISE-NETとは
行政通知情報検索とは
PRAISE-MAILとは
委員会情報とは
講演会等受付システム
講演会等受付システムとは
協会の活動
会員会社一覧
関西医薬品協会 会報
入会ご案内
おくすり相談Q&A
疾患情報
関係名簿
アクセス
大阪治験ウェッブ
PMDAメディナビ
実施医療機関/治験依頼者連携 治験の効率向上プロジェクト

 

HOME>お知らせ


お知らせ

『女性活躍推進・ハラスメント規制法』 啓発セミナーの開催について


s
 

関薬協発第164号
令和元年6月7日

会  員 殿

大阪市中央区伏見町2-4-6
関西医薬品協会

『女性活躍推進・ハラスメント規制法』 啓発セミナーの開催について

当協会では、「関薬協ビジョン2025」の5つの柱の一つである「社会からの信頼」の達成を目指し、会員会社の継続的なコンプライアンス活動の推進・支援のため、関連する研修や講演会の開催、関連情報の発信を行っています。
 さて、今通常国会では、近年社会問題化している職場のハラスメント対策強化などを柱とする労働施策総合推進法など5本の法律が一括改正されました。
 同法では、パワハラやセクハラ、マタニティーハラスメントを「行ってはならない」と明記するとともに、パワハラの要件を設け、事業主に相談体制の整備など防止対策を取ることを初めて義務付けています。
また、女性活躍推進法では、これまで従業員301人以上の大企業に限った女性社員の登用や昇進などに関する数値目標の策定義務を従業員101人以上の中小企業に拡大されました。
このため、同法への適切な対応を図って頂くことを目的として、「女性活躍・ハラスメント規制法」啓発セミナーを下記のとおり企画いたしました。
  セミナーでは、厚生労働省大阪労働局の担当課長より同法の趣旨や改正の要点等について、ご説明を頂きます。そのあと、策定義務の対象が拡大された女性活躍に焦点を絞り、女性活躍推進アドバイザー(※一般財団法人女性労働協会)から事業主が行うべき課題分析や行動計画策定・届出などの諸手続きについて、また先駆的な取組みをされている田辺三菱製薬(株)の実務経験者から同社の取り組みやダイバーシティ推進計画について、それぞれご説明を頂きます。
会員企業のみなさまには、同法に関する情報を入手する絶好の機会ですので、関係する部署の方々に奮ってご参加頂きますようご案内申し上げます。

つきましては、出席をご希望の向きは、関薬協ホームページ「講演会等受付システム」からお申込み頂きますよう案内申し上げます。

日時  令和元年8月22日(木)14時30分〜17時
会場  大阪薬業クラブ 2階ホール
     大阪市中央区伏見町2-4-6 http://www.oyc.or.jp/image/map.jpg

会費  無料

プログラム

14時30分〜35分   開会挨拶
14時35分〜15時 5分 「(仮題)女性活躍推進・ハラスメント規制法について」
             厚生労働省大阪労働局雇用環境・均等部指導課  課長 佐藤英巳氏

15時 5分〜15時55分 「女性活躍推進法に基づく行動計画策定・届出、 えるぼし認定」
        一般財団法人女性労働協会 女性活躍推進アドバイザー 杉森隆志氏

15時55分〜16時10分   休憩(15分間)

16時10分〜17時  「えるぼし認定とその後の取組みについて」
            田辺三菱製薬株式会社 育薬企画部 育薬人事グループ グループマネジャー 小 谷 恵 理 子 氏 

※「中小企業のための女性活躍推進事業」は厚生労働省より委託を受け、一般財団法人女性労働協会が運営しています。

○関薬協会員会社向け案内文書(PDF)
http://www.kpia.jp/osirase/documents/20190606.pdf


copyright(c) 2018 Kansai Pharmaceutical Industries Association. All rights reserved.