KPIA
PRAISE-NETログイン
PRAISE-NETとは
行政通知情報検索とは
PRAISE-MAILとは
委員会情報とは
講演会等受付システム
講演会等受付システムとは
協会の活動
会員会社一覧
入会ご案内
会員向け情報
疾患情報
関係名簿
アクセス
PMDAメディナビ
大阪治験ウェッブ
PMDAメディナビ
PMDA関西
道修町まちづくり協議会




 

HOME>お知らせ


お知らせ

「技術情報等流出を巡る現状と課題に関する講演会」 の開催について


s
 

 

関薬協発第229号
令和4年7月13日

会員 殿

大阪市中央区伏見町 2-4-6
関西医薬品協会

「技術情報等流出を巡る現状と課題に関する講演会」 の開催について

日本企業が保有する高度な技術情報は、組織の規模に関わらず、諸外国から狙われる可能性が高まっております。
また、デジタル化の加速を背景に、情報の持ち出しも容易になってきており、その危険性がより増しております。
技術情報が流出すると自社の損失だけでなく、取引先や関係機関等にも影響が及ぶうえ、日本の技術的優位性も低下してしまいます。
更に、流出した技術情報が軍事転用され、世界の安全保障環境に懸念を与えるおそれがあります。
大阪府警察本部では、こうした経済安全保障に関する企業等の啓発に取り組むため、「経済安全保障チーム」が設置されました。
このような状況のもと、当協会では、大阪府警察本部のご協力により、「技術情報等流出を巡る現状と課題に関する講演会」を下記のとおり開催することにいたしました。
本講演会では、各企業が独自の流出防止策を講じる一助として頂くために、「スパイにより技術情報が狙われた事例」や「SNSを通じて技術情報が流出した事例」などを取りあげて、技術情報流出防止のための留意事項や着眼点をご紹介いたします。
つきましては、本講演会に受講ご希望の方は、8月16日(火)までに関西医薬品協会ホームページ上( http://www.kpia.jp )の「講演会等受付システム」よりお申し込み頂きますようご案内いたします。

1.日 時  令和4年8月24日(水)10時30分〜11時45分(開場10時15分)

2.場 所  大阪薬業クラブ2階ホール(大阪市中央区伏見町2-4-6
TEL 06-6202-5633)
地図:https://www.oyc.or.jp/html/access.html

3.受講料  無料

4.プログラム・講師 10時30分〜11時30分 
講演「技術情報等流出を巡る現状と課題について」
講師:大阪府警察本部警備部外事課 課長補佐 石村徳彦 氏

11時30分〜11時45分 質疑応答

5.定 員  50人(定員になり次第締め切らせて頂きます。)

6.お問合せ先 関西医薬品協会 事務局(担当:北野)
TEL:06-6231-9191  E-メール:kitano@kpia.jp

新型コロナウイルス感染症対応
○ 会場入口に設置する消毒液による手指の消毒をお願いいたします。
○ 会場内では、咳エチケットのためのマスク着用をお願いいたします。
○ 当日、発熱等の風邪の症状がみられる時は、ご受講をご遠慮頂きますようお願いいたします。
○ 会場の座席は、従来よりも間隔を空けた配置とします。
○ 空調設備などによる換気を行います。

 

○関薬協会員会社向け案内文書(PDF)
http://www.kpia.jp/osirase/documents/20220713.pdf


copyright(c) 2018 Kansai Pharmaceutical Industries Association. All rights reserved.