KPIA
PRAISE-NETログイン
PRAISE-NETとは
行政通知情報検索とは
PRAISE-MAILとは
委員会情報とは
講演会等受付システム
講演会等受付システムとは
協会の活動
会員会社一覧
入会ご案内
会員向け情報
疾患情報
関係名簿
アクセス
PMDAメディナビ
大阪治験ウェッブ
PMDAメディナビ
PMDA関西
道修町まちづくり協議会




 

HOME>お知らせ


お知らせ

スイス ライフサイエンス カンファレンス in 関西 2022
Swiss Life-Science Conference in Kansai 2022


s
 

2022年9月16日


関 係 各 位

 
在大阪スイス領事館

スイス ライフサイエンス カンファレンス in 関西 2022
Swiss Life-Science Conference in Kansai 2022

スイスには、医療技術、バイオテクノロジー、ナノテク分野のグローバル企業、スタートアップ、中小企業が集積して密なネットワークを構築する世界的にユニークなライフサイエンスバイオクラスターが存在しています。
伝統的に強固な基盤を持つライフサイエンス分野とともにAIやデータサイエンス技術の融合ともいえる「デジタル医療」分野の発展も目覚ましく、大手企業からスタートアップまで、その技術革新に余念がありません。
今般、スイスのスタートアップ5社が来阪するのを機に「スイス ライフサイエンス カンファレンス in 関西 2022」を開催することになりました。
このカンファレンスはスイス企業の事業開発のみならず高い技術力を備える日本企業のスイスへの事業展開にも大きく貢献することでしょう。
今回のイベントではスイスのバイオベンチャー5社のピッチを行ったあと、名刺交換会を行って日本企業との交流促進を行います。
つきましては、本イベントに参加ご希望の方は、10月12日(水)までに申込フォーム  ( https://forms.gle/KbomvC4JzsiJ8GTP6 )よりお申し込みください。

日 時:2022年10月19日(水)14時00分〜16時00分

大阪会場:ライフサイエンスハブウエスト
     大阪市中央区備後町4-1-3(御堂筋三井ビルディング4階)

オンライン会場:ZOOMにてライブ配信します。

定員:大阪会場75名
*新型コロナウイルス感染拡大防止等の理由から国・自治体等の要請に基づき、リアル会場での開催を中止する場合があります。

オンライン会場1000名
*オンライン中継は通信環境によって映像並びに音声の品質が低下する場合があります。あらかじめご了承ください。
*セミナー視聴に必要なURLは、お申込みのメールアドレスに開催日前にお知らせいたします。

【大阪会場にご来場される方へのお願い】
新型コロナウイルス感染症対策のため、
●検温及び会場入口に設置する消毒液による手指消毒のご協力をお願いします。
●会場内では、咳エチケットためのマスク着用をお願いします。
●発熱、咳等風邪の症状や倦怠感等体調不良がある場合は、ご出席をご遠慮ください。

参加費:無料

申込み:https://forms.gle/KbomvC4JzsiJ8GTP6
 
主 催:在大阪スイス領事館 
    共 催:バイオコミュニティ関西(BiocK)
LINK-J(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン)
関西医薬品協会
協 力:大阪府


【プログラム】(※スイス側の発表は英語です。通訳はありません)

司会:Mr. Carlos-Felipe Correa (イノベーション・スタートアップマネジャー 在大阪スイス領事館)

14時00分〜14時05分 「挨拶」
在大阪スイス領事 Dr. Felix Moesner
  
14時05分〜14時15分 「挨拶とBiocKの紹介」
 バイオコミュニティ関西副委員長兼統括コーディネーター 坂田 恒昭 氏
 
14時15分〜14時25分 「挨拶とLINK-Jの紹介」
      LINK-J(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン)
        事務局長  高橋 俊一 氏

14時25分〜15時40分  「スイスのバイオベンチャーのピッチ」(各社15分)
   T. Resistell
   U. Synplechem
   V. BigOmics
   W. PIPRA
   X. Arkaiya

15時40分〜15時45分  「挨拶」
   関西医薬品協会 理事長 國枝 卓 氏
 
15時45分〜16時00分  「名刺交換会」

発表するスイスのバイオベンチャー
●Resistell (https://resistell.com/)
生体細胞の振動パターンを利用した抗生物質耐性予防法
日本の製薬会社とコンタクトをとっている
●Synplechem (https://www.synplechem.com/)
医薬品研究のスピードアップを実現する分子合成用カートリッジシステム
日本での販売代理店を持つ (https://www.scrum-net.co.jp/eng/)
●BigOmics (https://bigomics.ch/)
オミックス解析のためのデータプラットフォーム
日本のディストリビューターと協議している
北海道大学研究者
●PIPRA (https://www.pipra.ch/)
高齢者の術後認知症発症の可能性を予測するAIシステムで受賞(Brain Innovation Days Pitch Competition)
初期臨床研究のために日本の医師とコンタクトを取ることに興味を持つ
●Arkaiya (http://arkaiya.com/)
腸内細菌の健康状態を解析・治療するプラットフォーム
EPFLからのスピンオフで、理化学研究所と強いつながりを持つ
さらなる研究開発のため、日本企業とのコンタクトを希望
 
【個人情報の取り扱いに関して】
セミナーの申込に際してご記入・ご提出いただいた個人情報は、バイオコミュニティ関西、関西医薬品協会、LINK-Jが以下の範囲内で取得いたします。
また、本イベントで撮影した写真は、主催者・共催者および登壇者、関係者等がホームページ・パンフレット等に使用する場合がございます。

●バイオコミュニティ関西《プライバシーポリシー》
https://biock.jp/privacy/

●関西医薬品協会《個人情報保護方針》《個人情報の利用目的》
http://www.kpia.jp/osirase/kojin.htm

●LINK-J《個人情報保護に関する基本方針》《個人情報の利用目的》
http://www.link-j.org/privacy/
http://www.link-j.org/use/


○関薬協会員会社向け案内文書(PDF)
http://www.kpia.jp/osirase/documents/20220916.pdf


copyright(c) 2018 Kansai Pharmaceutical Industries Association. All rights reserved.